患者の遺伝情報を網羅的に調べる「全ゲノム解析」について、厚生労働省は20日、今後3年間をめどにがんや難病の患者計約9万人分を対象に解析を進める実行計画を公表した。治りにくい一部のがん患者らを優先し、早ければ今年度中に解析を開始する。
 DNAなどの全ての遺伝情報を解析することで、発症メカニズムの解明や治療方法の確立、創薬につなげることを目指す。
 計画によると、解析するのはがん患者の最大約6万4000人分、難病患者の最大約2万8000人分。このうち、5年生存率が低い肺がんや卵巣がんなどの約1万6000人分と、筋ジストロフィーなどの難病約5500人分を優先的に進める。 (C)時事通信社