厚生労働省は20日、定点報告を受けている全国約5000の医療機関から9~15日の1週間に報告されたインフルエンザの患者数が、1機関当たり15.62人になったと発表した。前週の9.52人から大幅に増え、4週間以内に大流行が起きる可能性を示す注意報レベルの10人を超えた。昨シーズンより2週間早い。
 国立感染症研究所によると、9~15日に受診した全国のインフルエンザの患者数は推計約53万5000人で、前週より約21万人増加した。
 都道府県別の1機関当たりの患者数は多い順に、山口(31.94人)、北海道(29.76人)、宮城(26.69人)、青森(24.14人)、富山(24.04人)、埼玉(20.84人)。 (C)時事通信社