厚生労働省は24日、ハンセン病の元患者家族計418人に対する補償金支給を23日付で認定したと発表した。元患者家族への補償法が11月に施行されてから初の認定。
 内訳は最高額の180万円が支給される元患者の親や子、配偶者が330人、130万円が支給されるきょうだいや同居のおいやめい、孫などが88人。 (C)時事通信社