相模原市緑区の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の初公判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であった。植松被告は「(間違い)ありません」と起訴内容を認めたが、直後に自傷行為を試み、公判は一時休廷。午後再開したが、被告は出廷しなかった。
 弁護側は「被告には精神障害があり、事件時は責任能力が失われていたか、著しく弱くなっていた」と主張。心神喪失だったとして無罪、または心神耗弱状態だったとして刑の減軽を求めた。
 植松被告は、弁護人が意見を述べた後、改めて発言を求め、「皆さまに深くおわびいたします」と述べた。その直後、地裁によると右手の小指をかみ切るような動作をし、刑務官が制止。暴れだしたため、裁判長が一時休廷を宣言した。
 検察側は冒頭陳述で、植松被告は園での勤務経験から「意思疎通のできない障害者は不幸を生み出す」と思うようになり、15年夏ごろには世界情勢も受け「殺した方がいい」と考えたと指摘。犯行当初は、意思疎通できないと判断した入所者の心臓を狙ったが、包丁が曲がって手をけがしたため首を刺し、最後は手当たり次第に刺したとした。
 争点の責任能力については、被告はパーソナリティー障害だったものの、「病的な妄想を生じさせるものではない」と訴え、完全責任能力があったと主張した。 (C)時事通信社