【北京時事】中国国営中央テレビは9日、湖北省武漢市で多発している原因不明の肺炎に関し、専門家チームが複数の患者から新型のコロナウイルスを検出し、これが病原体だと初歩的に判断したと伝えた。新型肺炎(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)もコロナウイルスを原因とするが、この二つとは違う種類のウイルスだという。
 武漢市では先月12~29日に原因不明の肺炎にかかる患者が相次いで発生。今月5日までに59人(うち7人が重症)の患者が確認され、各国が感染拡大に警戒を強めている。中国国営新華社通信は8日、症状が回復した8人が退院したとも伝えていた。
 人に感染症を引き起こすコロナウイルスは現在6種類が知られているが、このうち4種類は通常の風邪など軽微な呼吸器症状の原因となる。しかし、2002~03年に中国で大流行したSARSと、12年からサウジアラビアなど中東諸国を中心に拡大したMERSのウイルスは重い症状をもたらし、それぞれ700人以上の死者を出している。 (C)時事通信社