大阪医科大(大阪府高槻市)で昨年、脂肪幹細胞を投与する再生医療が国に無届けで実施された事件で、府警は15日、再生医療安全性確保法違反容疑で、元同大講師の伊井正明(52)=同府茨木市=、知人で元製薬会社従業員の浜園俊郎(62)=横浜市西区=両容疑者を逮捕した。
 府警によると、伊井容疑者は容疑を認め、浜園容疑者は否認しているという。府警は、伊井容疑者が自ら開発した技術を試す目的があった疑いもあるとみて、詳しい動機を調べている。
 逮捕容疑は、2人は共謀し、昨年3月下旬から5月下旬の間、同法で義務付けられた厚生労働相の許可を得ないまま、同大研究施設で女性(47)と男性(82)から脂肪幹細胞を採取して培養した疑い。
 同大によると、細胞の採取と培養は、2人を含む計4人で実施された。女性には培養された細胞が点滴投与されたが、いずれも健康被害は確認されていない。伊井容疑者は大学の調査に「(老化を防ぐ)アンチエイジングを女性らからやりたいと言われ、断れなかった」と話していたという。
 細胞の採取と投与は、伊井容疑者が研究室前の廊下で行った。一連の作業は、男性助教と看護師資格を持つ女性ら2人が手伝ったとされ、府警が関与の度合いを慎重に調べている。
 再生医療安全性確保法は、医療機関が脂肪幹細胞などを使った再生医療を進める際、細胞の培養をする施設について国の許可を得る必要があると定めている。伊井容疑者は国に届け出ず、大学にも無断で進めていた。 (C)時事通信社