【ビジネスワイヤ】ゲノム編集技術特許管理のアイルランド企業ERSゲノミクスは、エマニュエル・シャルパンティエ氏が共同所有するゲノム編集技術CRISPR/Cas9について、製薬大手の第一三共とライセンス契約を締結したと発表した。第一三共はヒト治療以外の全応用分野で同技術を研究開発に利用できる。ERSにとって第一三共は日本の製薬大手として初めてのライセンシー。日本では住商ファーマインターナショナル(東京都千代田区)がERSの総代理店になっている。(C)時事通信社