【ビジネスワイヤ】ハウスウェルネスフーズ(兵庫県伊丹市)は、同社のイムノバイオティクス製品の主成分が過体重の健常者で炎症を低減することを示す研究の結果を発表した。この主成分はラクトバチルス・プランタルムHK・L―137を加熱殺菌したもの。加熱殺菌により、耐加工性があり、長期保存が可能。九州大学生体防御医学研究所と共同実施した今回の研究では、炎症と脂質代謝の関係を検討。既存の研究でも、非生菌は多くの場合、生菌と比較して肥満誘導性の炎症および脂質代謝異常に対する改善効果が高い。(C)時事通信社