大阪医科大(大阪府高槻市)の元講師らが、国に無届けで脂肪幹細胞を投与する再生医療を実施したとされる事件で、再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕された元同大講師伊井正明容疑者(52)が研究室前の廊下に置いたベッドで幹細胞を採取していたことが15日、同大への取材で分かった。
 細胞の提供者は共に逮捕された元製薬会社従業員の浜園俊郎容疑者(62)が紹介していたことも判明。府警は伊井容疑者が人目を避けて効果を試そうとした疑いもあるとみて調べている。
 逮捕容疑は昨年3~5月、同法で義務付けられた厚生労働相の許可を得ないまま、女性(47)と男性(82)から幹細胞を採取し、培養した疑い。同大によると、伊井容疑者は他に男性2人の幹細胞も採取するなどし、順調に培養できた女性には点滴投与したとされる。
 伊井容疑者は採取と投与の際、自身の研究室前の廊下に持ち込んだベッドで実施。周囲についたてを置き、外から見えにくくしていたという。府警によると、医療施設ではないため衛生環境が不十分だった恐れがあるほか、4人以外の培養細胞も研究室から見つかり、経緯を調べている。
 また、細胞を採取された男女は浜園容疑者が伊井容疑者に紹介していた。浜園容疑者も採取に応じており、調べに対し「伊井先生が許可を取っていないとは思っていなかった」と容疑を否認しているという。 (C)時事通信社