政府は16日、中国・武漢市で発生している新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎が国内で初めて確認されたことを受け、関係省庁連絡会議を開いて対応を協議した。菅義偉官房長官はこの後の記者会見で「国民への情報提供を的確に行いつつ、厚生労働省を中心に検疫の着実な実施など引き続き万全の対応を取っていく」と強調した。 (C)時事通信社