厚生労働省は17日、警察庁の統計に基づく2019年の自殺者数(速報値)が、1万9959人だったと発表した。前年の確定値より881人(約4.2%)減り、1978年の統計開始以来、速報値で初めて2万人を割り込んだ。減少は10年連続。
 男性は前年比353人減の1万3937人で、10年連続の減少。女性は同528人減の6022人となり、過去最少を更新した。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)も15.8人と過去最少だった。
 厚労省は「3万人を超えていた一時期と比べると減少してきたが、まだ深刻な状況だ」としており、国や自治体によるインターネット交流サイト(SNS)での相談や、自殺未遂者への支援事業などの対策に引き続き取り組む。
 地域別にみると、自殺者数は32都道府県で減少。自殺死亡率は山梨が22.3人と最も高く、秋田(21.9人)、岩手(21.7人)と続いた。最も低かったのは神奈川の11.5人で、京都(12.4人)、大阪(13.5人)の順だった。
 月別の自殺者数を前年確定値と比較すると、3~6月、8~12月で減少。3月が計1841人と最も多く、12月が1472人と最少だった。 (C)時事通信社