田辺三菱製薬は17日、2月27日付で株式の上場が廃止されると発表した。三菱ケミカルホールディングスによるTOB(株式公開買い付け)の結果、同社が91.5%(議決権ベース)の株式を保有し、残りについても保有株主に売り渡すよう求めることを決めたためだ。田辺三菱株は来月26日まで整理銘柄に指定され、その後上場廃止となる。 (C)時事通信社