厚生労働省は17日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の専門委員会で、障害年金を受給しているひとり親に対し、これまで支給していなかった児童扶養手当を一部受け取れるようにする方針を示した。通常国会に関連法改正案を提出する。
 現行は障害基礎年金2級で子どもが1人いるひとり親の場合、「子加算」分の約1万8000円を加えた月約8万3000円の障害基礎年金が支給されている。しかし、月約4万2000円の児童扶養手当は受けられない。
 制度改正後は、子加算分との差額に当たる約2万4000円の児童扶養手当を受給できるようにし、ひとり親家庭への支援を手厚くする。 (C)時事通信社