【ビジネスワイヤ】ゲノム編集治療薬開発の米エメンド・バイオセラピューティクスは、シリーズBで6100万ドルの資金を調達したと発表した。シリーズBはバイオ製薬企業のアンジェス(大阪府茨木市)が主導し、武田ベンチャー投資なども参加。エメンドは調達資金を活用して遺伝子編集プラットフォーム「OMNI」(オムニ)の開発を加速させる。(C)時事通信社