中国・武漢市で相次いでいる新型コロナウイルスによる肺炎について、政府は21日、関係閣僚会議を開き、安倍晋三首相は「中国では引き続き患者数が増加しており、一層の警戒が必要だ」と述べた。
 会議では、検疫の徹底や情報収集などの対策強化を確認。首相は「水際対策の徹底、国内で関連性が疑われる患者を把握し検査する仕組みの運用、国際的な連携を密にした情報収集の徹底などに万全を期してほしい」と関係省庁に指示した。 (C)時事通信社