【北京時事】中国外務省の耿爽副報道局長は21日の記者会見で、中国で感染が拡大している新型肺炎をめぐって22日にジュネーブで開かれる世界保健機関(WHO)の緊急委員会に向け、「国際社会と手を携えて疫病に対応し、地域や世界の衛生・安全を共に守りたい」と訴えた。同委は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるか判断するために開かれ、中国側も出席して現状を説明する。 (C)時事通信社