【台北時事】台湾の衛生当局は21日、中国で多発している新型のコロナウイルスによる肺炎患者を確認したと発表した。台湾で1例目となる。地元メディアによると、患者は中国湖北省武漢市に仕事で滞在していた55歳の女性。20日に中国から台湾に戻った際、発熱しており、空港の係員に自主申告して発覚した。女性は台湾の南部地域出身で、病院で隔離治療されている。 (C)時事通信社