菅義偉官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎について「中国で引き続き患者数が増加している中、一層の警戒が必要だ」と述べ、世界保健機関(WHO)が同日開催する緊急委員会の議論を注視する考えを示した。
 菅氏は感染の状況に関し、「家族間など限定的な人から人への感染の可能性は否定できないが、現時点において持続的な人から人への感染は確認されていない」と指摘。WHOも同じ認識だと述べた。 (C)時事通信社