【ロサンゼルス時事】英国出身のヘビーメタル歌手オジー・オズボーンさん(71)が、21日に放送された米ABCテレビのインタビューで、昨年2月にパーキンソン病と診断されたと公表した。昨年はけがの療養を理由にツアーを延期していた。
 インタビューでは、転倒による負傷で首の手術を受け、神経を損傷したと明らかにした。パーキンソン病も判明し、「ショック状態だった」と当時を振り返った。ただ、投薬治療を受けており、体調は良くなったとも語った。
 オズボーンさんは、英バンド「ブラック・サバス」のメンバーや、ソロとして活動。「メタルの帝王」と呼ばれ、グラミー賞の受賞歴もある。 (C)時事通信社