【バンコク時事】タイ保健省は22日、中国湖北省武漢市で多発している肺炎の原因である新型コロナウイルスについて、タイ国内の感染者が2人増え、4人となったと発表した。
 新たに陽性反応が出たのは旅行先の武漢から帰国し、15日に入院したタイ人女性(73)と、武漢から19日に到着した中国人男性(68)。最初に感染が確認された中国人2人は回復し、帰国した。
 アヌティン保健相は「タイでは大流行はしていない。拡散は抑えられる」と強調した。 (C)時事通信社