政府は24日、中国を中心に感染が拡大している新型肺炎に関する関係閣僚会議を首相官邸で開催した。安倍晋三首相は国民に向け、「過剰に心配することなく、一般的な風邪の予防策を励行し、落ち着いて行動してほしい」と強調。各閣僚に対し、国民への迅速・的確な情報提供や現地大使館を通じた在留邦人の支援を指示した。
 閣僚会議は2回目。首相は国内で2例目の肺炎患者が確認されたことなどに触れ、「国内における感染拡大の防止や在留邦人の安全確保に向け、引き続き全力を挙げてほしい」と要請。検疫での水際対策の徹底、全国の地方衛生研究所での検査態勢の整備も指示した。
 首相はこの後の参院本会議で、「中国政府などと情報共有するとともに、春節(旧正月)の期間に入り訪日客の増加が予想される中、万全の対策を取っていく」と強調した。
 一方、西村明宏官房副長官は24日の記者会見で、中国湖北省武漢市に住む日本人男性が重い肺炎を発症したことについて「新型コロナウイルスによるものか、早ければ25日に判明する」と説明。同市には23日現在、約710人の邦人が滞在しているという。 (C)時事通信社