アルツハイマー病は脳内に異常なたんぱく質「アミロイドベータ」(Aβ)が凝集、蓄積するのが原因と考えられてきたが、東京医科歯科大などの研究チームは、Aβが蓄積する前に、神経細胞が特殊な細胞死を起こしていることを発見した。論文は24日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。
 Aβは脳の神経細胞外に蓄積し、神経細胞を殺す。このため、産生抑制や分解促進などさまざまな薬剤が開発中だが、臨床試験では症状が改善されず、戦略の見直しを迫られている。 (C)時事通信社