【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は24日、中国・武漢で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、米国内で2人目の感染者が確認されたと明らかにした。ロイター通信が報じた。
 保健当局者によると、新たに感染が確認されたのは武漢に渡航していた60歳の女性で、イリノイ州シカゴで診断を受けた。米国ではこれまでに22州で63人が検査対象となり、うち2人にウイルスの陽性反応が出た。11人は陰性と確認されたという。 (C)時事通信社