厚生労働省は25日、国内で3人目となる新型コロナウイルスによる肺炎患者が、東京都内で確認されたと発表した。中国・武漢市から旅行で東京に来ていた30代女性で、入院したが症状は落ち着いているという。
 同省によると、女性は18日に来日した際は症状がなかったが、21日夜から37度台の発熱とせきの症状が出た。23日に熱が38.4度まで上がり、医療機関を受診。軽い肺炎症状があったため東京都が検査したところ、25日午後に新型肺炎と判明した。
 女性は受診するまで都内を観光していたが、移動時は常にマスクを着用していたという。中国で肺炎患者と接触しておらず、多くの感染者が出たとされる武漢市内の海鮮市場には行っていないと話している。
 女性は家族を含む同行者3人と来日したが、家族らに感染は確認されていない。同省は診察に当たった医療従事者らが感染していないか追跡調査を進めている。 (C)時事通信社