【ニューヨーク時事】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は25日、米政府が、新型コロナウイルスによる肺炎が深刻化している中国・武漢市に取り残された米外交官や市民を退避させるため、チャーター便の手配を進めていると報じた。同市には、米製造業の拠点などがあり、約1000人の米市民がいるという。事情に詳しい関係者の話として伝えた。
 同紙によると、チャーター便は約230人乗りで、新型肺炎の拡散を防ぐため、医療関係者も同乗する。すでに中国当局から承認を得ており、他国政府も同様の交渉を進めているという。 (C)時事通信社