【北京時事】中国政府は26日、新型コロナウイルスによる肺炎の国内患者数が同日午前0時(日本時間同1時)までに1975人となり、うち56人が死亡したと発表した。重症者は324人。前日発表から患者は688人増え、死者は15人増加した。中国では25日の春節(旧正月)を挟んだ連休中、多くの人が移動しており、感染拡大が続いている。感染が疑われる例も中国本土で2684人に上っている。
 死者は、武漢市を含む湖北省で13人増え52人となったほか、上海市と河南省でも初めて確認。河北、黒竜江両省でも各1人が死亡している。最も状況が深刻な湖北省の患者は1000人を突破した。
 危機感を強める中国指導部は25日、習近平総書記(国家主席)が主宰して新型肺炎に関する共産党政治局の会議を開催し、「国内で拡散を防ぎ、海外に(ウイルスを)出すことを防ぐ」方針を確認。中国から海外への団体旅行を27日から禁止するなど、国民の移動を強制的に制限してでも感染拡大を防止する考えだ。
 中国政府は26日午後、新型肺炎に関し、22日に続く2回目の記者会見を開く。 (C)時事通信社