自民党の稲田朋美幹事長代行は26日、NHK番組に出演し、新型コロナウイルスの肺炎患者が増えていることについて、「世界保健機関(WHO)の判断を注視しつつ、水際対策に万全を期し、国民に情報をしっかり流す」ことを政府に求めた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は、中国政府が同国国民の海外旅行を禁止したことに触れ、「日本の観光産業に相当大きな打撃が出る。その点も政府は注意してほしい」と語った。 (C)時事通信社