【北京時事】中国外務省の華春瑩報道局長は26日、米国が中国・武漢からの自国民退避に向けた作業を進めていることを受けて談話を出し、「米国は武漢総領事館の人員を帰国させたいと伝えてきた。中国は国際的慣例や関連防疫規定に基づき、相応の手配を行い、必要な協力と便宜を提供する」と表明した。 (C)時事通信社