【北京時事】中国国営中央テレビは26日、湖北省武漢市の華南海鮮市場で採取したサンプルから新型のコロナウイルスが多数検出されたと伝えた。市場内でも野生動物が売られていた区域でほとんどが検出され、今回の肺炎の感染源が野生動物であることを裏付けているという。
 中国疾病予防コントロールセンターが派遣した専門家チームが1月1日と12日に採取した585サンプル中、33サンプルからウイルスを検出した。 (C)時事通信社