【北京時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎感染で、中国政府は、国内の死者が27日午前0時(日本時間同1時)現在、前日発表から24人増えて80人に上ったと発表した。死者はこのほか海南省でも新たに1人確認され、計81人になった。感染者も769人増えて2744人になった。感染拡大を受け、李克強首相は同日、新型肺炎対策を指揮するため武漢入りし、患者や医師らを慰問した。
 共産党中央で肺炎対策指導グループのトップを務める李首相の現地視察は感染拡大のペースが速まる中、習近平指導部の危機感を表している。中国政府は27日、春節(旧正月)に合わせた連休を2月2日まで延長すると発表した。本来は24~30日の1週間だったが、3日間増える。春節連休の延長は極めて異例の措置だ。
 死者の内訳は湖北省76人(うち武漢市63人)、上海市、河北、河南、黒竜江、海南各省が各1人。全国の重症患者は461人。感染が疑われる例は5794人で、前日の発表から倍増した。湖北省の発表によると、同省の感染者は前日から371人増え、1423人に上った。うち重症患者は221人で、危篤患者は69人。死者はさらに増えるとみられる。
 一方、春節連休の延長は、役所や会社の再開を遅らせ、感染の機会を減らすのが目的。学校や幼稚園の再開時期はさらに延ばす方針で、教育当局が別途通知するとしている。26日に肺炎対策指導グループの初会合が開かれ、春節連休の延長方針が決まった。 (C)時事通信社