【パリ時事】フランスのビュザン保健相は26日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大を受け、「武漢市在住の仏国民のうち希望者全員をフランスに帰還させる」と明らかにした。今週半ばに武漢からの直行便を手配するという。
 ビュザン氏によると、仏国内での感染拡大を防ぐため、退避者は帰国後、潜伏期間に当たる2週間を受け入れ施設で隔離され、経過観察を受ける。ビュザン氏は、退避対象者が「数十人から数百人」に達するとの見通しを示した。 (C)時事通信社