自民、公明両党の幹事長、国対委員長は28日、国会内で会談し、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、邦人帰国や日本国内での感染拡大の防止へ政府と連携していくことを確認した。
 武漢からの帰国者に関し、自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「ホテルを借り上げて部屋を用意し、数日間過ごしていただくような準備があってもいい」と指摘した。
 公明党は党対策本部の初会合を開催。山口那津男代表は「感染(対策)が後手に回れば、夏の東京五輪・パラリンピックにも影響を与えかねない。この季節の中で収束できるよう全力を挙げたい」と強調した。
 立憲民主、国民民主、共産の各党も28日、対策本部をそれぞれ設置。これとは別に野党共同会派として厚生労働省などからヒアリングを行った。「感染した可能性がある人をなぜ隔離できるようにしないのか」との質問に、厚労省の担当者は「人権に強力な制約がかかる」などと答えた。 (C)時事通信社