大阪府は28日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、府内で感染者が出た場合、滞在地や入国経路といった行動歴を府独自に公表する方針を決めた。国は感染者の居住地や年代、性別を公表しているが、より詳細な内容を伝える。 (C)時事通信社