新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省武漢市からの在留邦人の退避を支援するため、政府がチャーターした全日空機1機が日本時間29日未明(現地時間28日深夜)、武漢空港に到着した。帰国希望者の第1陣約200人を乗せ、数時間以内に同空港を離陸。同日午前に羽田空港に戻る見通しだ。
 政府によると、28日現在、帰国を望む在留邦人やその家族は湖北省全体で約650人に上っている。第1陣は発生源近隣居住者など感染リスクが高いとみられる人から選んだ。残る希望者を退避させるため、政府は29日以降にチャーター機を追加派遣する。政府専用機の活用も検討している。
 感染症を理由にした政府による邦人退避は初めてとみられる。安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で「希望している全ての方々の帰国に向け、引き続きあらゆる手段を追求するとともに、帰国後のケアにも万全を尽くしたい」と語った。 (C)時事通信社