立憲民主党の安住淳国対委員長は29日、新型コロナウイルスによる肺炎への政府対応について、「非常に遅れているのではないか。後手後手としか見えない」と批判した。安住氏は「帰国者も出始めているので、万全を期すように求めたい」と述べた。国会内で記者団に語った。
 これに関連し、国民民主党の原口一博国対委員長は記者団に問題点を列挙。「指定感染症に(指定)するのが遅すぎる」と指摘するとともに、「(中国・武漢からの)帰国者を家に帰すのはあり得ない。経過観察は一定の施設でやらないといけない」と主張した。 (C)時事通信社