安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎への対応に関し、「希望する全ての方々の(中国湖北省からの)帰国に向け、あらゆる手段を追求していく」と述べた。同時に「感染拡大の防止に全力を尽くす」と強調。30日に政府対策本部を設置する方針を明らかにした。
 菅義偉官房長官は記者会見で、湖北省からの退避を望む在留邦人向けのチャーター機の追加派遣について「中国側当局を含む各方面と調整を進めている。できるだけ早くと思っている」と語った。
 在留邦人の配偶者や家族が中国籍である場合の対応に関しては「中国政府の方針も踏まえつつ調整を進める必要がある。何ができるのか調整を進めており、予断を持って答えることは差し控えたい」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社