新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中国・武漢市在留の日本人206人が29日、日本政府のチャーター機で羽田空港に到着した。このうち30~50代の男性3人と、50代女性2人の計5人が体調不良を訴え、東京都内の感染症指定医療機関に入院し、2人が肺炎と診断されたが、5人とも陰性であることが確認された。
 厚生労働省によると、帰国当時症状がなかった201人の中で、その後8人が発熱やせきなどを訴え、頭痛の1人を除く7人が都内の病院に入院する予定。
 東京都によると、大田区の荏原病院に入院した4人のうち、40代男性と50代男性が発熱やせきなどを訴え、コンピューター断層撮影(CT)で肺炎と診断された。また、女性1人が文京区の駒込病院に入院した。5人とも容体は安定しているという。
 政府がチャーターした全日空機は、日本時間29日未明に武漢空港に到着。帰国を希望した第1陣206人を乗せ、同日午前9時前に羽田に戻った。ウイルスの発生源とされる武漢市の華南海鮮市場の近隣居住者ら感染リスクの高い人が含まれる。
 機内では、同乗した医師や看護師ら医療チームが、サーモグラフィーや体温計を使い帰国者の発熱の有無などを確認した。体調不良の5人は救急車で病院に向かい、残り全員が専用バスで国立国際医療研究センター(新宿区)に移動。ウイルス検査を実施し、結果は追って伝えられる。 (C)時事通信社