【シドニー時事】オーストラリアのモリソン首相は29日、新型コロナウイルスによる肺炎が多発している中国湖北省に取り残された自国民の帰国を支援する計画を発表した。帰国の際には検疫のため離島で最大14日間隔離される見通し。
 対象の地域には約600人の豪州人が登録している。モリソン氏は子供や高齢者を優先するとしているが、何人が帰国できるのか言明しなかった。記者会見で「この作戦が成功する保証はない」と強調した。 (C)時事通信社