菅義偉官房長官は29日の記者会見で、中国・武漢市で重度肺炎を発症した60代の日本人男性について、「検査の結果、新型コロナウイルス陽性の疑いが高いが、最終的な判定結果が確定していないとの連絡を受けている」と述べた。
 菅氏は「家族や中国側の関係当局と緊密に連携を取りつつ支援を行っていきたい」と語った。
 男性は同市内で入院中。ほかに新型肺炎の症状を訴えている日本人の有無について、菅氏は「現在、そうした報道、連絡には接していない」と語った。 (C)時事通信社