【フランクフルト時事】ドイツ航空大手ルフトハンザは29日、中国本土発着便を運航停止すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けた措置で、傘下のオーストリア航空、スイス国際航空を含め、全便の運航を2月9日まで停止する。
 予約の受け付けについては2月末まで停止する。香港便の運航は継続する。 (C)時事通信社