安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国・武漢市からチャーター機の第1便で帰国した邦人のうち、2人がウイルス検査を拒否したことについて「大変残念だ」と述べた。第2便以降は、中国を出国する前に本人の同意を得るよう、対応を見直したことも明らかにした。
 首相は、不同意の2人について「長時間にわたり説得したが、法的拘束力はない」と説明。第2便については「もっと明確に(検査同意の)確認を取っている」と語った。
 政府は30日昼、首相を本部長に全閣僚がメンバーを務める対策本部の初会合を国会内で開催。首相は「これまで実施してきた水際対策などのフェーズ(段階)をもう一段、引き上げる必要がある。あらゆる措置を講じていく」と強調した。
 対策本部は、国内で感染拡大への懸念が強まっていることを踏まえ、これまでの関係閣僚会議を格上げした。 (C)時事通信社