【ビジネスワイヤ】製薬会社の米インサイト(NASDAQ:INCY)は、アトピー性皮膚炎の青年・成人患者を同社のルキソリチニブ・クリームで治療する第3相TRuE-AD2臨床試験で主要評価項目を達成したと発表した。ルキソリチニブはJAK1とJAK2の選択的阻害薬。同試験では8週にわたりルキソリチニブ・クリームと溶媒対照クリームを比較。「医師による全般的評価」(IGA)で病変が消失するかほぼ消失した患者の割合はルキソリチニブ群が有意に高かった。同クリームによるアトピー性皮膚炎治療の別のTRuE-AD1試験の結果が今年の第1・四半期後半に得られる見込み。(C)時事通信社