【シンガポール時事】新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中国湖北省武漢市に取り残されていたシンガポール人92人が30日、シンガポール政府が手配した旅客機で母国のチャンギ空港に到着した。
 感染拡大を防ぐため、92人および同行した政府職員は肺炎の症状がなくても、帰国後2週間は島や基地内の専用施設などでの隔離を義務付けられる。隔離措置に違反すると、最大で1万シンガポールドル(約80万円)の罰金と6カ月間の禁錮刑が科される可能性がある。 (C)時事通信社