【ソウル時事】韓国政府が新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中国湖北省武漢市から自国民の移送準備を進める中、帰国者のための一時的な隔離施設が置かれる忠清南道牙山市と忠清北道鎮川郡では一部の住民が反発を強めている。住民らは抗議デモを行っており、訪れた政府高官や警察との小競り合いも発生している。
 韓国政府は30日からチャーター機を武漢に派遣し、帰国を希望する約700人の自国民を順次退避させる計画。帰国後はウイルスの拡散防止目的で2週間隔離するが、その施設として牙山と鎮川の公共施設が決定したため、地元住民には不安が広がった。
 韓国メディアによると、29日には保健福祉省高官が住民への説明のため鎮川を訪れると、住民が高官を囲んで髪の毛を引っ張るなどして抗議。30日にも陳永・行政安全相が牙山で説明会を開き、「心配はいらない。徹底した対策を準備する」と強調したが、住民らは「受け入れ反対」などのプラカードを掲げ、卵を投げ付けるなどした。 (C)時事通信社