中国で患者が急増している新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、症状のない人から周囲へのウイルス感染が起きている疑いが浮上した。無症状の感染者は把握が難しいが、専門家は「個人が取る対策は手洗いなど、従来と変わらない」と呼び掛けている。
 東北医科薬科大の賀来満夫特任教授(感染症学)によると、ウイルスはまず鼻やのどに感染し、肺などに広がっていく可能性があるという。賀来教授は「症状がなくても鼻やのどにウイルスがいて、鼻などを触った手に付き、ドアノブなどを介して他人に感染する『間接接触感染』が考えられる」と話す。
 感染しても潜伏期などで症状がない場合、他人に接する機会が増えるとみられる。ただ、東京都立駒込病院感染症科の今村顕史部長は「一般的には症状がなければ排出するウイルス量は少なく、せきやくしゃみをすることもあまりない」と指摘。「手洗いなど一人一人の感染防止策の積み重ねが、流行を防ぐことにもつながる」と強調した。 (C)時事通信社