加藤勝信厚生労働相は31日の閣議後記者会見で、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を出したことを受け、「感染症のさらなる拡大防止に努め、対策を早急に検討していきたい」と述べた。
 加藤厚労相は、「武漢市から引き続き、相当数の邦人が帰還する」と強調。新型コロナウイルスによる肺炎の感染症法上の「指定感染症」とする政令の施行日前倒しや、武漢市からの渡航歴がある人などに限っていた新型肺炎感染の「疑い例」の定義を拡大する方針を示し、「より広範な監視体制、防止体制を敷いていきたい」と述べた。 (C)時事通信社