外務省は31日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国湖北省を除く同国全土の感染症危険情報を「不要不急の渡航自粛」を求めるレベル2に引き上げた。茂木敏充外相は同日の記者会見で理由について、「今後、航空便の運休を含め、交通の制約がさらに拡大する可能性がある」などと説明した。
 湖北省は既に全域で「渡航中止勧告」のレベル3となっている。 (C)時事通信社