東京都は31日、新型コロナウイルスによる肺炎患者の行動歴を独自に公表すると発表した。本人の同意を得た上で、入国経路や滞在場所、移動手段などを明らかにする。国は利用空港や滞在場所は公表していない。
 同日開かれた都の対策本部会議で、小池百合子知事は「都民の不安を少しでも解消して安全安心につながるよう、プライバシー保護、風評被害防止に配慮しながら取り組んでいく」と語った。 (C)時事通信社