【北京時事】中国・武漢市トップの共産党委員会書記は31日、新型肺炎について、「自責の念を感じる。早く厳格な措置を取っていれば結果は今より良かった」と初動の遅れを認めた。 (C)時事通信社