【香港時事】香港の衛生当局は1日深夜、日本を訪れクルーズ船で帰国した男性(80)について、新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。男性は訪日前に中国本土への渡航歴があるが、感染経路は不明。
 男性は1月17日、香港から空路、東京へ渡航。20日に横浜からクルーズ船に乗り、5日間かけて香港に戻ったが船に乗る前からせきの症状があったと訴えたという。30日に発熱し入院した。
 男性は1月10日、香港に隣接する広東省深セン市も訪れている。ただ、数時間の滞在だったといい、香港か日本で感染した可能性もある。
 報道によると、男性と同じクルーズ船の利用者は「乗客の約8割が日本人だった」と話している。香港で確認された感染者は、この男性で14人目となる。 (C)時事通信社